京都の司法書士なら【元木司法書士事務所】へ。京都で相続対策などのご相談を承ります。

京都で司法書士事務所をお探しの際は、無料相談受付中の【元木司法書士事務所】へ。

京都の【元木司法書士事務所】の「他人事ではない?相続トラブル例」のページです。

京都の司法書士事務所に相続などのご相談をお考えなら【元木司法書士事務所】へ。京都にて無料相談を受け付けている司法書士事務所です。遺言書作成や任意後見などの相続対策、会社設立、不動産登記など、お気軽にご相談下さい。

他人事ではない?相続トラブル事例|京都市で司法書士をお探しであれば元木司法書士事務所へ

遺産相続では様々なトラブルが発生するおそれがあるため、事前に相続対策を行う必要があります。しかし、相続トラブルは他人事と考えられる傾向があり、何の対策も行わずにそのまま相続を迎える方は少なくありません。相続によるトラブルは誰にでも起こりうるものであるため、事前にその事例について押さえておきましょう。

相続財産のほとんどが不動産で占められているケース

京都の【元木司法書士事務所】が「相続財産のほとんどが不動産で占められているケース」についてご紹介します。

被相続人が不動産を所有していた場合、当該不動産は相続財産となりますが、不動産がトラブルのもとになることがあります。

これは「不動産は公平な分配が難しい」という理由があるからです。ここは例を挙げてご紹介します。Aは3000万円相当の住宅と500万円の預貯金を残してこの世を去り、二名の相続人がこの財産を相続することになりました。

このケースでは、一方が住宅を相続し、もう一方が預貯金を相続するという方法がありますが、これでは両者に不公平が生じてしまいます。

これで両者とも納得できれば良いのですが、一方が不服の声を上げた場合、トラブルは免れません。なお「相続財産が不動産しかない」というケースでも、同様の理由からトラブルに発展しやすい傾向があります。

生前贈与による争い

京都の【元木司法書士事務所】が「生前贈与による争い」についてご紹介します。

相続対策のひとつに「生前贈与」というものがあります。生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、特定の方へ財産を贈与することです。生前贈与であれば、相続人や近親者のみならず、友人やお世話になった方、特定の団体への寄付も可能ですが、これによりトラブルが発生する事例があります。

例えば、相続人となる方と話し合いをせず、特定の第三者や法人に財産の全てを贈与してしまうと、相続人から不服の声が上がると考えられます。

生前贈与は「相続争い防止」「税金対策」として有効ですが、場合によっては不測の事態を招くおそれがあります。相続対策の際は、事前に司法書士等の専門家へご相談いただくことをおすすめします。

遺言書がトラブルを招くことも?

遺言書はトラブルを未然に防ぐことを目的に作成されますが、遺言書がトラブルのもとになることがあります。その最たる例が「遺留分を考慮していない遺言書」です。遺留分とは、相続人(被相続人の兄弟を除く)が持つ権利であり、遺産の一定割合の取得が保障されているものです。

複数の相続人がいるにも関わらず、特定の相続人に全ての財産を相続させるという遺言書が見つかった場合、遺留分を根拠としたトラブルが発生するおそれがあります。遺言書による相続トラブルを防ぐためにも、司法書士等の専門家と共に作成することをおすすめします。

京都市での相続対策なら元木司法書士事務所にご相談ください

京都市周辺で司法書士事務所をお探しなら、宇治市にある当事務所へご相談下さい。当事務所では、遺産分割・生前贈与・遺言書作成等の各種相続に関するご相談のほか、不動産登記や成年後見制度に関するご相談を承っております。

京都の【元木司法書士事務所】が相続対策をサポート致します

京都市の司法書士「元木司法書士事務所」のサイト概要

事務所名 元木司法書士事務所
住所 〒611-0031 京都市宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号 0774-45-5660
業務内容 京都市、宇治市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始 平成23年2月1日
Copyright(c) 2016 京都市・宇治市の司法書士|元木司法書士事務所 All Rights Reserved.