京都の司法書士なら元木司法書士事務所|会社設立までの流れ

京都の司法書士なら元木司法書士事務所|会社設立までの流れ

会社設立の手続きは難しく思えるかもしれませんが、正しい手順を知ることで、スムーズに手続きを進められます。法律の専門家である司法書士は、遺言書作成不動産登記に関するご相談のほか、開業手続きについてのアドバイスも行っております。
京都府宇治市にある当事務所の司法書士が、会社設立までの流れを分かりやすくご紹介します。

宇治市の司法書士が教える、会社設立までの流れ

1.設立項目の決定

会社設立の手続きを始める前に、会社の基本的な項目を決めます。商号(会社名)、事業目的、取締役、本店所在地、資本金、株主構成などの項目です。設立項目を決めておかなければ、次の手順にスムーズに進むことができないため、余裕を持って準備しましょう。

2.登記書類の作成、必要書類の取り寄せ、会社の印鑑の作成

法務局で会社設立登記をするために、必要な書類を用意します。用意すべき書類は多く、会社の形態によって必要な書類は変わってきますので、不安な場合は司法書士に依頼するのもひとつの選択肢です。

3.定款作成・認証手続き

定款とは、会社名や所在地など会社の基本的な事項をまとめたものです。会社法に基づいて作成が義務付けられており、設立登記でも欠かせないものとなります。定款を作成したら、その定款が正当な手続きで作成されていることを証明するため、公証人役場で認証手続きを行います。 なお、合同会社の設立の場合には、公証人役場の認証手続きは不要となります。

4.資本金の振り込み

定款の認証手続きが完了したら、次は資本金の払い込みです。株式会社であれば発起人名義の銀行口座を用意して下さい。普通の個人の通帳でいいのですが、通帳がないタイプの口座は使用できません。大切なことは資本金の振り込みは定款の認証手続きが終わった後にすることです。

5.設立登記申請

本店所在地を管轄する法務局で、設立登記の申請を行います。申請をした日が会社の設立日となりますので、非常に重要な手順です。申請は司法書士に依頼することも可能です。

6.開業の届出、銀行口座の開設

設立登記が完了したら、税務署等へ開業の届出を行います。青色申告の申請書など、重要な書類もありますので確実に行うことが大切です。銀行口座の開設も忘れずに行いましょう。銀行によっても異なりますが、銀行口座の開設には設立登記が完了してから、必要書類を銀行に持参します。通常、約2週間はかかる場合がほとんどなので、スケジュール管理も大切になります。

京都市・宇治市で会社設立のご相談は元木司法書士事務所へ

当事務所では京都府宇治市を中心に、会社設立を検討されている方に向けて、司法書士によるアドバイスを行っております。無料相談では、遺言書作成や相続放棄、夫婦間贈与など相続手続き全般のご相談にも対応いたします。複雑な法人登記や遺言書作成でお困りの方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

京都市の司法書士「元木司法書士事務所」のサイト概要

事務所名 元木司法書士事務所
代表 元木 進一
住所 〒611-0031 京都市宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号 0774-45-5660
エリア 京都/大阪
業務内容 京都市、宇治市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始 平成23年2月1日
京都で司法書士に会社設立の相談なら | Copyright(c) 2016 元木司法書士事務所 All Rights Reserved.