遺産分割のこと|京都市の司法書士なら元木司法書士事務所

遺産分割のこと|京都市の司法書士なら元木司法書士事務所

民法第898条によると、相続開始時に相続人が複数人いる場合、相続財産はその共有に属するとされています。つまり、相続開始の段階では「相続人全員」と財産を共有している状態であるため、それぞれの財産を各相続人に分配しなければなりません。これは「遺産分割」と呼ばれるものであり、ここでは、京都の司法書士が遺産分割について簡単にご説明いたします。

遺言と遺産分割

遺言と遺産分割

相続が開始されると、まず「遺言書の有無」を確認します。これは、遺言書が存在する場合、その遺言の内容に従って相続手続きを行う必要があるためです。

遺言書が存在しない場合は、相続の発生によって、被相続人の遺産は相続人全員の共有状態となります。その共有状態を解消させるために相続人全員の話し合いで遺産を各相続人に具体的に分配していく手続き、これを「遺産分割」といいます。

なお、遺言書が存在しない場合のほか、遺言があっても相続分の指定のみの場合や、遺言で指定されていない財産がある場合などにも、遺産分割協議が必要となります。

遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは、相続人全員で相続の分配方法について話し合うことです。どの財産を、誰が、どれだけ、どのように相続するのかを細かく決めるため、各相続人の主張に相違が発生しやすく、極めて争いが起きやすい場といえます。

全て丸く収まれば良いのですが、遺産分割協議でも話がまとまらない場合は、調停や審判などの手続きを踏んで遺産分割を行います。

なお、遺産分割協議の内容を決定するには「相続人全員の合意」が必要となるため、遺産分割協議を行う前に相続人を確定しておかなければなりません。

遺産分割の方法

遺産分割では、誰が、どの財産を、どれだけ、どの方法により取得するかを、相続人全員の話し合いで自由に決定することができます。相続された遺産の分割をお考えの方は、分割の方法がいくつかありますので、押さえておきましょう。

■現物分割(げんぶつぶんかつ)

現存する遺産を現物のまま遺産分割する方法

■換価分割(かんかぶんかつ)

遺産を売却して売却金を相続人で分配するという遺産分割の方法

■代償分割(だいしょうぶんかつ)

相続人の一人が遺産を多く取得する代わりに過不足分を他の相続人に対して現金の支払い等で精算する遺産分割の方法

遺産分割協議書の作成

相続人全員で遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書とは、遺産分割協議の結果を記載した大切な書類です。遺産分割協議書は不動産の相続登記(被相続人から相続人への名義変更登記)で必要となるほか、後の紛争を未然に防止するという意味でも有効です。

遺産分割協議を終えたら、必ず作成しておきましょう。相続における「遺産分割」について簡単にご紹介しました。遺産分割は、その特性から「争族」となりやすい傾向があるため、相続が発生したらお早めに司法書士等の専門家へご相談下さい。

京都市・宇治市で遺産分割のご相談は元木司法書士事務所へ

京都市や宇治市で司法書士事務所をお探しなら、宇治市広野町にある当事務所へご相談下さい。当事務所では、生前贈与をはじめとする相続対策のサポートのほか、遺産分割や遺言書作成など、各種相続に関するご相談を承っております。

京都市の司法書士「元木司法書士事務所」のサイト概要

事務所名 元木司法書士事務所
住所 〒611-0031 京都市宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号 0774-45-5660
業務内容 京都市、宇治市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始 平成23年2月1日
Copyright(c) 2016 京都市・宇治市の司法書士|元木司法書士事務所 All Rights Reserved.