公正証書遺言が信頼できる理由|京都市・宇治市の司法書士なら元木司法書士事務所

公正証書遺言が信頼できる理由|京都市・宇治市の司法書士なら元木司法書士事務所

「残された遺族に負担をかけたくない」「自分が考える通りの相続を実現したい」と考え、遺言書を残す方は少なくありません。遺言書は自筆でも作成可能ですが、公正証書遺言という形で残しておくことをおすすめします。
宇治市司法書士が、公正証書遺言が信頼できる理由についてご紹介いたします。

宇治市の司法書士が教える、公正証書遺言が信頼できる理由

遺言の実現性が増す

公正証書遺言の代表的なメリットとして、「遺言の実現性が増す」というものがあります。これは、法的に有効な遺言書の作成が容易ではないことに起因します。

例えば、自筆証書遺言は「全文が自筆であること」「日付・署名が必ず記載されていること」「押印がされていること」など、形式的な条件が存在し、ひとつでも欠けてしまうとその遺言は「無効」となります。公正証書遺言は公証人と共に作成を進めるため、遺言書に関する知識が無くても、形式不備により無効となることがありません。

紛失・改ざんのリスクが無い

ご本人様にとって、遺言書の紛失や改ざんは何としても避けたいものです。公正証書遺言の制度では、公証役場にて「遺言の原本」を保管し、ご本人様には「正本と謄本」が渡されます。原本が公証役場で保管されているため、当初の遺言が紛失・改ざんされるリスクはありません。

なお、遺言書が抱えるリスクとして「相続人に見つけてもらえない」というものがありますが、予め公正証書遺言がある旨を相続人に伝えておけば、遺言書を見つけてもらえないという問題も解決することができます。

お身体が不自由でも遺言書が作成できる

諸事情により、自分で遺言書が書けないという方は少なくありません。自筆証書遺言では代筆による遺言が一切認められていないため、遺言ができないと思うかもしれませんが、公正証書遺言であれば可能です。公正証書遺言の制度では、ご本人様が内容を口述して公証人に書かせることができます。

なお、公正証書遺言を作成するには公証人の立会いが必要となりますが、公証人に出張してもらうことも可能であるため、遺言者の自宅や病院等で遺言書を作成することもできます。

予備的遺言の定めをする場合

次のような例があります。子供のいない老夫婦がとてもお世話になっている甥が近所に住んでいて、夫婦二人共に万が一があった場合にはその甥に全財産を残してあげたいという気持ちがある場合に、夫は「遺言者が死亡した時には全ての財産を妻に相続させる。ただし、遺言者が死亡した時に、すでに妻が亡くなっている場合は、遺言者の甥に全て遺贈する」というような内容を定めておくことが予備的遺言です。逆に妻も同じような遺言書を作成しておけば、ご夫婦共に安心できると思います。

自筆証書遺言でも予備的遺言の定めを置くことができますが、遺言書が長くなってしまいます。自筆証書遺言は全文を自筆で書くことが条件になっています。労力の観点からも、公正証書遺言は公証人が文章を作成してくれますのでおすすめできます。

家庭裁判所における検認手続きが不要

遺言者が死亡して、遺言書の内容を実行する際にも、公正証書遺言は家庭裁判所の検認手続きが不要になりますので、相続人の費用や手間の負担が減ります。

京都市・宇治市で遺言書作成のご相談は元木司法書士事務所へ

京都で司法書士事務所をお探しなら、宇治市にある当事務所へご相談下さい。当事務所では、生前贈与等の相続対策はもちろん、遺言書作成、遺産分割など、各種相続に関するご相談を承っております。司法書士と共に公正証書遺言を作成したい、難解な相続手続きを司法書士に手伝って欲しいという方は、お気軽にご相談下さい。

京都市の司法書士「元木司法書士事務所」のサイト概要

事務所名 元木司法書士事務所
住所 〒611-0031 京都市宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号 0774-45-5660
業務内容 京都市、宇治市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始 平成23年2月1日
Copyright(c) 2016 京都市・宇治市の司法書士|元木司法書士事務所 All Rights Reserved.