京都で相続対策の相談なら 元木司法書士事務所|遺産相続の注意点

遺産相続の注意点|京都市・宇治市の司法書士なら元木司法書士事務所

遺産相続においては、いくつか注意しなければならない点があります。これらの注意点を把握し、事前にしっかりと対策を講じることで、円満な解決へ導くことができるのです。以下で注意点をご紹介しますので、相続手続きの参考にしていただければと思います。

被相続人の預金口座は凍結される

被相続人の預金口座は凍結される

銀行などの金融機関は、口座名義人死亡の事実を知ると、すぐに預金口座を凍結します。これにより引き出しや預け入れはもちろん、光熱費やカードの引き落としなどもできなくなります。何かと不便が生じるかもしれませんが、口座が凍結される前に預金を引き出すのは避けましょう。

相続財産である預金を下ろしてしまうと、相続を単純承認したものとみなされ相続放棄ができなくなったり、その使い道を巡って相続争いの原因となったり、税務署の追及対象となるおそれがあるからです。すぐに預金をロックしておけば、誰かが勝手に引き出すことはできなくなり、自分が財産に手を付けていないという証明にもなります。

金融機関によって、口座凍結解除の手続きに要する書類や時間は異なりますが、一般的に相続財産に含まれる預金は相続人全員で遺産分割協議の上、解約して相続人で分配するか、口座名義を相続人の誰かに変更してもらうことになります。戸籍等の収集や遺産分割協議書の作成が必要な場合には、専門家に相談しながら手続きをすすめるのがよいでしょう。

戸籍収集

遺産相続の手続きには必ず亡くなった方の出生されてから死亡された時までの戸籍が必要になりますが、一般の方にとって戸籍収集は非常に大変な作業です。戸籍は本籍地のある役所でしか取得できないことから、転勤族で引越と同時に本籍地も移されている場合、全国に戸籍を請求しないといけない可能性もあります。このように大変な作業である戸籍収集を専門家に任せることもできます。

遺産の相続対策はお早めに

遺産の相続対策はお早めに

相続が発生してからでは相続対策はできません。また、今の時代、相続対策が必要なのはお金持ちだけではありません。

相続対策は元気な時にしておかなければなりません。以下の実例に一つでも該当する場合には、できるだけ早めに遺産相続対策に強い専門家に相談しましょう。

■相続対策が必要な実例

  • 相続人がたくさん(5人以上)いる
  • 不動産の利用状況と名義が合っていない
  • お子様が親より先に亡くなっている
  • お子様がいないご夫婦
  • 一つの不動産の名義が兄弟姉妹の共有になっている
  • 再婚していて前妻(又は前夫)との間にも子供がいる
  • 高齢の父母がいてその子供のうち誰か一人が行方不明、又は認知症である
  • マイホーム以外にも不動産(駐車場、収益マンション等)を持っている
  • 内縁の妻がいて自分の死後、財産を渡したい

一般的に相続対策としては3つのキーワードについて対策を検討します。

■争族を防ぐための相続対策

遺言書作成生前贈与、生命保険加入等で対策を検討します。

■納税準備対策

延納、物納、生命保険等、また、経営者の方は小規模企業共済の活用等で納税資金の準備をします。

■節税対策

節税対策の目的は財産を減らすこと、もう一つは財産評価を下げることを意味します。

お客様の家族状況、財産状況よって対策は異なりますが色々な方法があります。

京都市・宇治市で司法書士をお探しなら元木司法書士事務所へ

遺産相続について個別のご相談をされたい方は、京都府宇治市にある当事務所へお問い合わせ下さい。遺言書作成や生前贈与などの相続対策、不動産登記、会社設立などの業務を中心に活動しております。初回は無料法律相談をご利用いただけますので、お気軽にご相談下さい。

京都市で相続対策なら「元木司法書士事務所」のサイト概要

事務所名 元木司法書士事務所
代表 元木 進一
住所 〒611-0031 京都市宇治市広野町一里山65-3 京都建物クレスビル401号
電話番号 0774-45-5660
エリア 京都/大阪
業務内容 京都市、宇治市の相続対策(相続登記・生前贈与・夫婦間贈与)/遺言書作成(遺言サポート)/遺産分割/不動産登記//成年後見/セミナー/相談業務/法人登記/会社設立
営業開始 平成23年2月1日
京都で相続対策なら | Copyright(c) 2016 元木司法書士事務所 All Rights Reserved.